社会福祉法人 広陵町社会福祉協議会

令和4年度の助成団体について

  • HOME »
  • 令和4年度の助成団体について

令和4年度広陵町共同募金委員会 助成ボランティア団体一覧

・ひとやすみ食堂

助成金額】50,000円
【活動分野】地域食堂
【事業の詳細
近隣の方々の中で、孤独に暮らす高齢者の方に声を掛け、更には孤食のこども達のことも忘れず声を掛け参加を促す。また、更に輪を広げ、現代社会の中で生活に追われて暮らす人たちにも、今の生活を見直してもらい、ホッと一息してもらいひとやすみできる場所を月に一度の食事であるが心を込めて提供させていただきたい。
【事業についての効果
地域の人々や地域会社の協力で、地域全体の活性化につながっている。経済的に困っている方々よりも、高齢者や働く世代の方々の心の拠り所になっている。実際に参加者同士での活気ある会話が増えたり、元気づけられたと感謝の声をいただいた。


・広陵いちご食堂

助成金額】30,000円
【活動分野】地域食堂
【事業の詳細
月に1回でも夕食をつくらず家族みんなでホッとできる時間になればと思い活動している。“寄付していただいた食材をどう使うか”“次はぜひこれを食べてもらいたい“などとスタッフで話し合いをしながら、献立を決めている。チラシやInstagramでお知らせし、事前に申し込んでいただき、弁当と町内外や全国的なネットワークから届いた支援品を配布。
【事業についての効果
短時間でも地域の人たちとのつながりを感じる。また、「助かります!ボランティアの皆さんのお元気な姿を見て、こちらも元気になります。」などのメッセージをいただくと私達も励みになる。
・支援品は特にお米が喜ばれる。「コロナ禍で夫の仕事が減りました」「私1人で3人の子どもを育てているので、とても助かります」という声もある。表面的には見えなくても厳しい生活がうかがえる。行政の支援(きめ細やかな)の必要性も痛切に感じる。


・特定非営利活動法人 家族・子育てを応援する会

助成金額】50,000円
【活動分野】子育て支援
【事業の詳細
パネルシアターを使って「はらぺこあおむし」のお話を、大変興味深く展開した。また、「ばすにのってサファリへGO!」ではさまざまな動物が登場し、歌遊びもあり、大いに楽しんでいただけた。共にお話会を参加者同士が楽しむことで、子育ての励みになり支援につなげた。計画の際、予想していたより、こども達が喜ぶ姿が見られ大いに成果が見られた。準備に数か月かかり、3月26日の本番を迎えた。
【事業についての効果
パネルシアターを使ったお話会は、こども達がとても喜んでいて、一緒に親子で楽しめる歌遊びも大変盛り上がった。保護者の感想では「スタッフの方の歌やお話のセリフが優しい声でとても癒やされました。」という思いや「素敵なプログラムを用意してくださってありがとうございます。」という思いを持たれた。パネルシアターを共に楽しむという場にもなり、貴重な子育て支援活動ができたと考える。今後もさまざまなお話のパネルシアタ-の世界を親子に楽しんでいただけたらと願っている。


・広陵遊笑会

助成金額】49,990円
【活動分野】地域交流イベント
【事業の詳細
テレビ番組「逃走中」の模倣。小学1年生を対象に午前中広陵東小学校のグラウンド及び敷地内にて30分×2回(ミッション含む)とミニゲームを行った。保護者を含めて参加者総数108名。逃走者は58名、ハンター11名、その他見守りや受付など。
【事業についての効果
・参加者はイベント内に友達との協力や謎解き要素を加えて、協力することの大切さや思考することの大切さを学べた。
・昨今はYouTubeやゲーム遊び等の屋内での一人遊びが多くなっているので、外遊びの魅力を感じてくれた。
・今まで友達だった子や友達ではなかった子の新たな魅力の発掘になった。
・保護者も子どもも一緒に楽しむことで、地域での連携の強化や子育ての楽しさを改めて認識することが出来た。

お気軽に ご相談・お問い合わせください TEL 0745-55- 8300 受付時間 8:30 ~ 17:15(土・日・祝日除く)

  • facebook
広陵町
奈良県社会福祉協議会
赤い羽根 なら
日本赤十字社 奈良県支部
奈良ボランティアネット

アクセスカウンター

  • 73
  • 38
  • 605
PAGETOP
Copyright © Koryo Town Council of Social Welfare All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.